金沢に行ってきました(その2)

 

(その1)はこちら

 

二日目。ホテルで朝食を済ませてチェックアウトし、徒歩5分くらいにある着物レンタルの「はれまロマン」へ。

 

店内には最近のモダンな柄の着物だけでなくアンティークの着物も多数揃えてあります。着物だけでなく肌着や草履等一式揃ってるので、手ぶらで行けるのが嬉しい。

f:id:doy:20180422105221j:plain

 

大正浪漫の世界に興味がある娘さんが選んだのはこちらのアンティーク着物でした。オプションで店内撮影した写真をこのようにデジタル加工して後日送ってくれるサービスもあります。

f:id:doy:20180422110746j:plain

 

着付けが終わったら近所にある尾山神社へ。こちらがこじんまりとしながら趣があって、写真撮影にぴったりのスポットでした。

f:id:doy:20180422112418j:plain

f:id:doy:20180422112441j:plain

f:id:doy:20180422112503j:plain

f:id:doy:20180422113035j:plain

 

続いて香林坊東急スクエアにある「金澤文豪カフェあんず」へ。こちらでは「金沢三文豪×文豪とアルケミスト」とのキャンペーンでコラボメニューが頼めるのでした。文豪にまつわる展示も多く娘さん満足。

f:id:doy:20180422113711j:plain

金澤文豪カフェ あんず | 香林坊東急スクエア

 

一息ついたところで「金沢三文豪×文豪とアルケミスト」スタンプラリーの残る一箇所の室生犀星記念館」へ。

f:id:doy:20180422114528j:plain

 

全部のスタンプを集め終わったので、アイテム受取り場所であるアニメイトへ行き無事にアイテムを入手できました。

 

続いて、21世紀美術館の近くにある「石川四高記念文化交流館」(「石川近代文学館」と「四高記念館」を合わせた文化スペース)へ。こちらの建物は明治24年に建てられた旧第四高等中学校本館で、貴重な煉瓦造りとして重要文化財に指定されています。

f:id:doy:20180422121000j:plain

f:id:doy:20180422121015j:plain

f:id:doy:20180422121028j:plain

 

今度は昨日に続いて周遊バスに乗って橋場町で下車し、有名な観光スポットの「ひがし茶屋街」へ。着物が似合うスポットでブラブラ散歩するだけでも楽しかったです。我々と同じように着物を着て歩いてる人もたくさんいました。

f:id:doy:20180422122224j:plain

 

甘味屋やカフェ、雑貨屋さんが沢山あって目移りします。

f:id:doy:20180422122403j:plain

f:id:doy:20180422122428j:plain

 

烏骨鶏の卵を使用したカステラ屋さん「烏鶏庵」では「烏骨鶏カステラシェーキ」が頂けます。オプションで金箔入りもあり。絶品でした。

f:id:doy:20180422122751j:plain

 

散々遊んだので「はれまロマン」へ戻って着替えてから金沢駅へ。そういえば、金沢おでんを食べ損なったなと思っていたら、駅構内におでん屋「黒百合」を発見!短時間でしたが金沢おでんを堪能することができました。

f:id:doy:20180422123830j:plain

 これにて旅行記はお終いです。金沢は京都をコンパクトにしたような古い町並みが多く残った美しい街で、それでいて京都と比べると人混みは少なくて交通の便が良く理想的な観光地でした。着物をレンタルしての散策は特にオススメです。

金沢に行ってきました(その1)

3月末に娘さんと金沢に一泊二日の旅行に出かけました。金沢は雨が多い街らしいのですが、二日とも好天に恵まれて楽しかったです。

<一日目>

まずは東京駅へ。朝ごはんにマンガ『おもたせしました』に登場して一度食べてみたかった築地松露の「たまごサンド」を発見し、車内で食べつつ出発。

f:id:doy:20180414150128p:plain

 

おもたせしました。 1 (BUNCH COMICS)

おもたせしました。 1 (BUNCH COMICS)

 

 

3時間ほどで金沢駅到着。金沢の観光にはバスの一日乗車券が便利と聞いていたので、バスターミナルで今日と明日の分をまとめて購入(¥500/枚)

 

北鉄バス1日フリー乗車券|観光に便利なバス |北陸鉄道株式会社

 

駅からバスで10分ほどでホテルのある香林坊に着。荷物を置いてから、徒歩10分ほどで金沢21世紀美術館に到着。

有名な美術館だけあって、チケット売り場は大混雑。待ってる間にどこかで聴いたことがある音楽が流れてるなと思ったら、『ゾンビ』のショッピングモールで流れている音楽だったw。


01 The Gonk - Dawn of the Dead (1978) Unreleased Incidental Music

 

ちょっとしたゾンビ気分を味わいつつ入場。ちょうど作品の入れ替え時期という事で見られないゾーンも多かったけどそれでも楽しかったです。

↓例のプールw

f:id:doy:20180414153154p:plain

f:id:doy:20180415200339p:plain

 

金沢21世紀美術館


周遊バスで橋場町で降りて、オシャレなカフェで遅めのお昼ご飯。金沢の地ビール「金沢百万石ビール」を堪能。

f:id:doy:20180415200551p:plain

 

浅野川沿いを歩いて徳田秋聲記念館へ。

f:id:doy:20180415200655p:plain

f:id:doy:20180414154439j:plain


こちらへ来た目的は、娘さんが最近ハマっているスマホゲーム「文豪とアルケミスト」のイベント「金沢三文豪×文豪とアルケミスト」タイアップスタンプラリーに参加するため。3つの文学館を廻ってスタンプを集めるとゲームで使えるアイテムが貰える(…らしい。よく分かってない)。

f:id:doy:20180414152705j:plain

 

続いて、ここから徒歩10分程度のところにある泉鏡花記念館へ向かう。川沿いの小道は「鏡花のみち」という名がついてました。

f:id:doy:20180414154713j:plain

f:id:doy:20180414155200j:plain

 

『文豪とアルケミスト』同様に実在の文豪の同名キャラが登場するマンガ/アニメ『文豪ストレイドッグス』にも「泉鏡花」が出てるけど、こちらはかわいい女の子なんですよね。泉鏡花も死後自身の分身が女の子になったり美青年になったりして人気が出るなんて夢にも思わなかったろうなぁw。

 

↓左上)泉鏡花本人 右上)『文豪ストレイドッグス』版 左下)『文豪とアルケミスト』版

f:id:doy:20180415185602j:plain


泉鏡花記念館の隣には金沢蓄音機館があってこちらも見学しましたちょうど実際に音が聴ける時間だったので様々な蓄音機を聴き比べることができました。

 

八百万本舗という雑貨屋さんにてお土産を物色してたら、石川県のマスコットキャラ、ひゃくまんさんのグッズを発見。さらにここの2Fのお座敷には大きなひゃくまんさんがいるそうです。

 

↓中にはビスケットが入ってます。

f:id:doy:20180415195250p:plain

 

金沢駅には大きなひゃくまんさんがいます。かわいー。

f:id:doy:20180415195353p:plain

 

 

それからガイドブックで見て娘さんが行きたがってたオヨヨ書林という古本屋さんに行ったのですが、この日に限って早く店じまいしてて入れず。残念。

 

居酒屋で晩ご飯を食べてから、夜の21世紀美術館周辺を散歩してホテルに戻りました。

f:id:doy:20180415200824p:plain

 

その2に続く。

4K Ultra HDブルーレイプレーヤーを購入しました

Panasonicの4K Ultra HDブルーレイプレーヤーDMP-UB30を購入しました。

 

f:id:doy:20180318114608p:plain

 

昨年4Kテレビを購入した時点では、まだプレーヤーの購入は早いかなと思ってましたが、プレーヤーの値段が安くなったのと、『ブレードランナー2049』を可能な限りキレイな画質で観たいと思い購入しました。他には、NetflixAmazonビデオの4K映画配信がほとんど増えなかった事も決断理由の1つでした。4Kドラマはたくさんあるのにね。

 

機種選択については、自分にはレコーダー機能が必要なかった事、 なるべく安い機器にしたかった事、テレビ等既存の機器メーカーがほとんどPanasonicだった事もあって、こちらで即決でした。

 

同時に購入したのが、HDMIケーブル。4K対応で推奨されているVer2.0(伝送速度18Gbps)を2本(プレーヤー、テレビ間にAVアンプがあるので)購入しました。

f:id:doy:20180318114804j:plain

 

このHDMIケーブルの規格というのはとても分かりにくくて、パッケージに「ハイスピード」と記載があっても伝送速度はまちまちだったり、ケーブルそのものにはその規格が判別できなかったりします。伝送速度が遅くても映らないわけではないし、18Gbpsにしたからといって見た目で判別できるかどうかもはっきりしません。とはいえ、一応推奨されたもので揃えました。

 

↓こちらのまとめが分かりやすかった

 

配送された箱を受け取ってびっくりしたのがとても小さくて軽い事(空の箱が届いたのかと思った)。大きさはブルーレイのパッケージ2枚分くらい。徹底的に簡素化されていて液晶画面すらなく、電源のLEDがあるのみ。

f:id:doy:20180318114956j:plain

 

セットアップはHDMIケーブルを繋ぐだけなので簡単。早速同時購入したUltra HDブレーレイディスク『ダークナイト』を視聴。さらに同じシーンを同環境同設定で2Kブルーレイでも視聴し比べてみましたた。

 

画質はとてもキレイです。特にHDR効果で薄いグレーなどの淡い色味の表現が良くなったように思えます。ただ「(同環境で再生した)ブレーレイと全く違う!」という程の差を私個人はあまり感じませんでした。これはテレビ自体の性能や設定、プレーヤーによるアップコンバートによってブレーレイであってもそれなりにキレイに映るという事かもしれません(または私の目が節穴)。

 

他に気がついたのはNetflixについて。これまではテレビ自体にNetflix視聴機能があったので、プロジェクターでは映すことができませんでした。しかしプレーヤー側にもNetflix視聴機能があるので、こちらを利用してプロジェクターで映そうとしたところ「接続機器がHDCP2.2に対応していない」旨のアラートで映りませんでした。Amazonビデオ等は問題無いので設定間違いではないはず。これは私がNetflixのプレミアムコース(4K画質)で契約している事と、プロジェクターは4K対応していない事が原因っぽい。残念。

 

という事でせっかく購入した割には感動や驚きがやや足りない冴えない結果になってしまいましたが、Ultra HDブレーレイディスクには別のメリットがあります。それは海外版ディスクに日本語字幕収録のものが多い事。

 

↓日本語字幕付きディスクの情報はこちらで確認してます

 

現在『シェイプ・オブ・ウォーター』等のUltra HDブレーレイディスクを発注して待機中です。きちんと再生できるかは改めて報告する予定です。

 

いつも思うのは、自分のようにそこまでお金をかけずにホームシアターを構築したいというライト層向けの情報が少ない事。専門誌はあるけど、数百万円かけるマニア向けの情報が多いように感じます。前述のHDMIケーブルの規格一つ調べるだけでも結構苦労したので、ライト層向けのムック本とか期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

銀山温泉に行ってきました

娘さんと山形県銀山温泉に行ってきました。新幹線つばさ号で東京駅から約3時間で大石田駅に到着。駅に面した蕎麦屋さんでお昼ご飯を済ませて、宿からの送迎バスで約30分揺られて銀山温泉に到着。普段見慣れない雪景色に早くも興奮。

 

今回の宿は旅館古山閣。築90年の木造建築の老舗旅館です。ただし今回泊まったのは本館の隣に去年建てられたばかりのクラノバという新館の方。本館が昔ながらの趣のある作りなのに対して、ヨーロッパのデザイナーズホテルのようなオシャレな内装で驚きました。

 

↓左が古山閣本館、右が新館

f:id:doy:20180204182318j:plain

 

↓本館の特長の1つがこの見事な「鏝絵(こてえ)」

f:id:doy:20180204210346j:plain

 

↓新館の部屋

f:id:doy:20180204183031j:plain

 

山形県 銀山温泉 旅館 古山閣【公式サイト】

 

  

一休みしてからとりあえず近所を散策することになり、白銀の滝まで行ってみました。この時期は雪が凄くて近くまで行くのも大変だったけどどうにか到着。

 

f:id:doy:20180204183319j:plain

 

f:id:doy:20180204183545j:plain

 

体が冷えたので、名物のカレーパンとコーヒーで温まりました。

 

f:id:doy:20180204211217j:plain

 

それから伊豆こけし工房で民芸品を物色。銀山温泉はあのテレビドラマ「おしん」の舞台で、ドラマに登場した「おしんこけし」等が販売されています。

 

f:id:doy:20180204184126j:plain

 

今回は珍しい墨一色のこけしと、単3電池を単1電池に変換する「電池変換こけし」(右上)を購入しました。右下の楊枝入れは翌日別の場所で購入。

 

f:id:doy:20180204184452p:plain

 

元祖 誕生記念おしんこけし | 伊豆こけし工房

 

そうこうしてるうちに辺りが暗くなってきました。ガス灯の明りでライトアップされた銀山温泉の風景はとても神秘的で美しいです。

 

f:id:doy:20180204185403j:plain

 

f:id:doy:20180204210637j:plain

 

f:id:doy:20180204185819j:plain

 

f:id:doy:20180204190801j:plain

 

宿に戻って夕飯をいただくことに。新館に泊まった人は食事と温泉は隣の本館でいただきます。細い渡り廊下を通って本館の扉を開けると、現代ヨーロッパのオシャレ空間からレトロで懐かしい日本旅館へと世界が全く変わるのがとても面白かったです。

 

↓本館内装

f:id:doy:20180204191305j:plain

 

f:id:doy:20180204191412j:plain

 

f:id:doy:20180204214220j:plain

 

f:id:doy:20180204191437j:plain

 

食事は尾花沢牛をはじめとした山形郷土料理で、質、量ともに最高で大満足!(夢中で食べたので写真なしw)雪国で入る温泉も最高で堪能しました。

 

夜にテレビ朝日の「サタデーステーション」を何となく見ていたら、突然銀山温泉からの生中継が始まってびっくり!散策している時にテレビの撮影隊がいるなーとは思っていたのですが、宿からほんの10数メートルのところで撮影していたので混乱しましたw。

 

f:id:doy:20180204203628p:plain

 

翌朝、朝食をいただいてからまた近所を散策。夜の銀山温泉は美して写真映えするけれど、その分人も多くてザワザワしてました。早朝は人もほとんどいなくて寒いけれど気持ちよかったです。

 

f:id:doy:20180204204856j:plain

 

f:id:doy:20180204204929p:plain

 

f:id:doy:20180204205000j:plain

 

宿の送迎バスで再び大石田駅に戻って、電車で山形駅へ行き駅前を散策しました。民芸品の尚美堂でこけしや民芸品を見たりしてから東京へ戻りました。

 

f:id:doy:20180204211926j:plain

 

f:id:doy:20180204212209j:plain

 

初めて行った冬の東北はとても楽しくまさに「冬のごほうび」でした。

 

父と娘の「映画オールタイムベストテン」

「男の魂に火をつけろ!」の「映画オールタイムベストテン(2017)」に父娘で参加します。

doyのベストテン(順不同)。

「今の気分」で選ぶとこんな感じですね。ギレルモ・デル・トロ監督作品が2作あったり、スタジオライカ作品が2作あったり偏りがみられますけど、「今の気分」ということで。ド定番の最後の2作は追悼の意味も込めてます。

 

ウォーリー [Blu-ray]

ウォーリー [Blu-ray]

 
コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 
悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 [Blu-ray]
 

 

続いて、初参加となる娘さん(中3)のセレクト。

マーリーのベストテン(順不同)。

「好きな映画10本選んで」と言ったら「えー、10本も選べるかな?」と言ってたくせに、いざ考え出すと「アレもある、コレが入ってない!」と悩み出して結果こうなりました。惜しくも入らなかった作品は『この世界の片隅に』『エスター』『ショーン・オブ・ザ・デッド』『デッドプール』等でした。

 

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 
シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]

 
永遠のこどもたち [DVD]

永遠のこどもたち [DVD]

 
レオン 完全版 [Blu-ray]

レオン 完全版 [Blu-ray]

 
シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

鳴子温泉でこけし三昧

f:id:doy:20170823110657p:plain

 

仙台で行われた「ジョジョ展」に行ってきました。2012年に森美術館で行われた際は見逃してしまったので、その分しっかりと堪能してきました。

 

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017 -ジョジョフェス in S市杜王町 公式サイト-

 

で、せっかく仙台に行くので「ジョジョ展」以外に何か見に行きたいなと考えて、思いついたのが「こけしで有名な鳴子温泉に行く」というプラン。なぜ「こけし」だったのか?は私にも説明がつけられないのですが、何かに導かれて行ってきた旅が、メインの「ジョジョ展」を凌ぐくらい楽しかったので報告します。

 

仙台駅で早速こけしがお出迎え。この時点でテンションが上がる。

f:id:doy:20170823111155p:plain

 

9:13発のリゾートみのりに乗って出発。

f:id:doy:20170823111340p:plain

 

車内にももちろんこけしが!

f:id:doy:20170823111409p:plain

 

リゾートみのり | 東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

 

鳴子温泉に入ると外に巨大なこけしが見えた!

f:id:doy:20170823202931j:plain

 

11:00ちょうどに鳴子温泉駅へ到着。

f:id:doy:20170823203044j:plain

 

駅構内にもこけしがたくさん!足湯もあるよ。

f:id:doy:20170823203125j:plain

 

f:id:doy:20170823204332j:plain

 

 まずはタクシーで日本こけし館へ向かう。どーんと巨大こけし(一番上の写真)がお出迎え。

 

日本こけし館/宮城県鳴子町

 

日本各地のこけしが大量に展示されていて圧巻でした。せっかくなので絵付け体験にもチャレンジ(¥1,080)。

f:id:doy:20170823122109p:plain

 

メキシコ風髑髏こけしを作ってみました。絵筆に慣れてないので難しかった…。

f:id:doy:20170823122148p:plain

 

駐車場にもこけしの絵が!

f:id:doy:20170823203808j:plain

 

タクシーを呼んで駅方面に戻る途中にも巨大なこけしを発見し、一時下車して写真撮影。

f:id:doy:20170823122456p:plain

 

宮城県鳴子温泉・岩下こけし資料館 トップページ

 

鳴子ホテルで下車して日帰り温泉を堪能。温泉も最高だけど、このホテルには2,000体のこけしが展示しているスペースがあるのだ。

f:id:doy:20170823122810p:plain

 

f:id:doy:20170823122833p:plain

 

ロビーもこの通り。

f:id:doy:20170823130425p:plain

 

鳴子ホテル≪公式≫|宮城県 鳴子温泉 7色に変わる温泉・名湯の観光旅館 口コミ

 

ホテルに隣接した温泉神社に行くとやっぱりこけしが。

f:id:doy:20170823204002j:plain

 

最近オープンしたばかりの「大正浪漫」という名のかき氷カフェで一休み。

f:id:doy:20170823123922p:plain

 

 

ここで日本こけし館で購入した「こけし通信筒」を田舎の両親へ送るために手紙を書く。これがポストに入ってたらびっくりするよねー。

f:id:doy:20170823124027p:plain

 

 

書いた手紙を郵便局へ持って行く。ここではこけしポストがお出迎え。

f:id:doy:20170823124437p:plain

 

さらに電話ボックスまでもこけし

f:id:doy:20170823130028p:plain

 

マンホールだってこけし

f:id:doy:20170823130811p:plain

 

カップ酒もこけし

f:id:doy:20170823133100p:plain

 

まだまだこけし

f:id:doy:20170823132604p:plain

 

f:id:doy:20170823132619p:plain

 

f:id:doy:20170823204441j:plain

 

f:id:doy:20170823204531j:plain

 

f:id:doy:20170823204626j:plain

 

こんな具合に町中歩いてると必ずこけしに出会うのです。さすがこけしの町!

 

そんな鳴子温泉では9/1〜9/3に全国こけし祭りが開かれます。浅生ハルミンさんのイラストによるポスターがかわいい!

f:id:doy:20170823132022j:plain

 

全国こけし祭り

 

こちらがこけし祭りのパレードの様子。シュ、シュール…。気になる!

f:id:doy:20170823132848j:plain

 

流行り言葉を使うのはあまり好きじゃないけど、「インスタ映え」するフォトジェニックで愛らしい町でした。今度はこけし祭りの日に合わせてまた訪れたいです。

 

鳴子温泉郷観光協会公式サイト/宮城県大崎市鳴子温泉

 

 

kokeshi book―伝統こけしのデザイン

kokeshi book―伝統こけしのデザイン

 

 

 

かわいいこけし (玄光社MOOK)

かわいいこけし (玄光社MOOK)

 

 

クラフトワーク「3-D THE CATALOGUE」Blu-ray BOXを購入しました

クラフトワーク「3-D THE CATALOGUE」Blu-ray BOXを購入しました。

 

f:id:doy:20170618115939p:plain

 

こちらは2012年から2016年にかけて行われたクラフトワークの過去の8枚のアルバムを8日間に渡って全曲演奏したライブをまとめたもので、CDやアナログレコード、曲が抜粋された編集版DVD/Blu-ray等様々なバリエーションで販売されました。今回購入したのは8枚のアルバム全曲を収めた3D/2DコンパチブルのBlu-ray4枚組と、236ページの豪華なハードカバー書籍をセットにしたBOXセットです。

 

このライブ、日本では赤坂ブリッツで行われて私はアルバム「Techno Pop」(旧「Electric Cafe」)の日に観に行きました。アルバム全曲に加えてその他ベスト盤的な選曲で、会場で配られた3Dメガネをかけて観るというスタイルでした。この3D映像が思っていた以上に効果的で「いつかこの映像を3D Blu-rayで自宅でも見れたらいいな」と思っていたので、迷わずこのBlu-ray BOXを購入しました。

 

↓ライブのレポートはこちらをどうぞ。

 

ボックスを開くとBlu-rayが収められたパッケージが。

f:id:doy:20170618122355p:plain

 

開くと4枚のBlu-rayディスクが収められてます。右の2枚が「FILM」でライブ会場で流れた映像のみが収録。左の2枚が「CONCERT」でいわゆるライブ映像が収録されています。

f:id:doy:20170618122447p:plain

 

クラフトワークは2005年にもライブDVD「Minimum-Maximum」を発売していますが、こちらと比べると大きな違いがあって「観客の声」が全く入っていません。映像でも観客は若干映り込んではいますが、アップになったりはしません。つまりライブ盤といっても限りなくスタジオアルバムに近い作りになっています。

 

本作の最大の特長はタイトルにもある「3D」です。3D Blu-rayの環境があれば自宅で3Dメガネをかけて3D映像が楽しめます。映像は3Dを意識した作り(つまりガンガン飛び出す)なので超楽しいです。実は「3D」というのは映像だけではありません。このBlu-rayの音声フォーマットは「ドルビーアトモス」で収録されています。つまり映像だけでなく音声(音楽)も3Dの最新立体音響になっています。この2つの3Dの相乗効果は素晴らしいので、ぜひ体験してほしいです。

 

ドルビーアトモスについてはこちらもどうぞ。

以下は「CONCERT」のショットです(2D映像をiPhoneで撮影)。

f:id:doy:20170618125019p:plain

f:id:doy:20170618125035p:plain

f:id:doy:20170618125114p:plain

f:id:doy:20170618125129p:plain

 

前述したようにこのBOXセットには236ページのアナログレコードサイズの豪華なハードカバー書籍もついてます。こちらは会場で流された映像からのショットがほとんどで、他にもライブ会場で撮られた写真等も含まれます。

 

f:id:doy:20170618125914p:plain

f:id:doy:20170618125941p:plain

 

1974年の「Autobahn」から2003年の「Tour de France Soundtracks」までの全曲がアップデートされていて、クラフトワークの偉大な軌跡を最新テクノロジーで視覚、聴覚で楽しめる究極のBOXセットだと思います。

 

「ライブ盤なのに観客の音声が含まれていない」と書きましたが、クラフトワークのライブは個人的には映像、音楽、パフォーマンスが組み合わさったアートフォームと捉えているので、いわゆるライブDVDというより一種の芸術作品だと思ってます。再現ライブも海外ではニューヨークのMoMAやロンドンのテート・モダンといった美術館で行われてますしね。

 

という事でこちらのBOXセットは超オススメです。とはいえ、3D映像やドルビーアトモス環境の準備は簡単ではないので、どこかの映画館で特別上映とかやってくれませんかね?自分も最高の環境で観てみたい!

 

↓「3-D THE CATALOGUE」トレーラー

 

↓「The Robots」のビデオ

 

amazonに掲載の写真

f:id:doy:20170618131739j:plain

 

 

3-D THE CATALOGUE

3-D THE CATALOGUE