読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロジェクターを購入しました

AVPC

以前から漠然と欲しかったプロジェクターを購入しました。

 

f:id:doy:20170117230916j:plain



きっかけは高橋ヨシキさんのメルマガで「EPSONのプロジェクターを購入したらなかなか良かった」という事が書いてあり、それで興味を持ちました。

該当のプロジェクター、EH-TW5350をEPSONサイトで見てみたら、エントリーモデルながらフルHDで3Dも対応している模様。

 

気になるけど実際に見てみないと分からないなーと思っていたら「レンタルサービス実施中」と書いてある。スクリーン込みの5日間レンタルで¥6,000。という事でこちらをポチっと申し込み。

 

dreamioホームプロジェクター レンタルサービス | エプソン



本体は思っていたより小さい!気軽に持ち運べるレベル。機器を接続して80インチのスクリーンを設置し、手持ちのBlu-rayソフトを再生。コレが最高!思っていた以上に画面が明るくて色味もくっきり!多少部屋が明るい環境でも問題なく映る事も確認。何より大画面だと、何度も観た映画でも新鮮な気持ちで鑑賞できる。

そして気になってたBlu-ray 3Dソフトも試してみる事に(これまではBDレコーダーは3D対応だけど、テレビは非対応だったので再生できなかった)。

ココで一つ問題発生。ウチの機器の接続はこんな具合なんだけど、

 

f:id:doy:20170117230348j:plain



BDレコーダーとプロジェクターの間にあるAVアンプが3D対応ではなかった!というかAVアンプに3D対応とかある事実を知らなかった。

という事で、とりあえずの措置としてBDレコーダーとプロジェクター間のHDMIケーブルを直結させる事に。

 

f:id:doy:20170117230420j:plain



これだけだと音声がプロジェクターのしょぼいスピーカーからしか流れないので、別途BDレコーダーとAVアンプを光デジタルケーブルで接続。この場合、ドルビーTrueHD等のロスレス音声は再生されず、ドルビーデジタルになっちゃうけど、ひとまず目をつぶる事に。

3Dメガネ(レンタルに含まれていた)をかけて手持ちのBlu-ray 3Dソフト『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を再生。

感想「3D最高!楽しい!」

これまで自宅のテレビで3Dを観る事についてはテレビサイズの問題もあって懐疑的だったけど、大画面では3D効果も遺憾なく発揮されて言うことなし。

3Dメガネをかける事で色味が悪くなる事を懸念してたけど、カラーモードを「3Dダイナミック」にすればかなり鮮明になって良かった。ただしファンの音が少しうるさくなるのが欠点。

手持ちのBlu-rayだけでなく、AppleTV経由のNetflixでも様々な映画が再生可能なのでレンタル期間中にアレコレ観倒しました。スクリーンを畳んでいつものテレビをつけたらすごく小さく感じてしまい、「コレは買いだな!」と購入を決意。ちなみにレンタル後に購入した場合には、ほぼ同額のQUOカードがもらえるキャンペーンもやってるのでレンタル料は実質チャラ!

ちなみにEH-TW5350はレンタルについてきた80インチスクリーン付きのセットと、本体のみの2種類販売されてるけど、実は実売価格はほぼ一緒。それならばスクリーン付きのセットの方がお得と思えるけど、実際にレンタルで触ってみたら組み立てが少し面倒くさかった。スクリーンを常時セットしたままならいいけど、ウチの場合はその都度組み立てたり片付けたりが必要なので本体のみを購入。

 

 

スクリーンは別途調べてこちらを購入。

 

KIKUCHI 80インチ床置きタイプ16:9スクリーン GUP-80HDW

KIKUCHI 80インチ床置きタイプ16:9スクリーン GUP-80HDW

 

 
天井から吊るすタイプも検討したけど、工事が大変そうなのと、将来的にレイアウト変更があったら面倒だったので、床置きタイプにしました。

 

f:id:doy:20170117234734p:plain



プロジェクター本体の置き場については天井に備え付ける手段もあったけど、スクリーンと同じ理由で却下し無印の棚に置くことにしました。

 

f:id:doy:20170117234545p:plain



3Dメガネはメーカー純正品は高価だったので、安価なこちらを購入。使用感は特に問題なし。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00I7OJXJU

 
プロジェクター購入後はBlu-ray 3Dソフトを購入やレンタルをして観まくってます(ケーブル抜き差しが手間だけど随分慣れた)。『ホビット』3部作や『スターウォーズ フォースの覚醒』なんかは画質の良さもあって迫力倍増だし、大好きな『パラノーマン ブライス・ホローの謎』のようなストップモーションアニメも3Dとの相性がいいみたいで楽しめます。

 

 

 

 


世間的には3Dブームは過去のものになりつつあるようだけど、自分にとっては最高潮。しばらくは3D三昧になりそうです。