読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドン旅行記#5<二日目その3・フリーメイソン博物館ツアー篇>

次に向かったのはマダムタッソー館のすぐ近所にある「シャーロック・ホームズ博物館」。

 

↓ベーカーストリート駅出口近くにはホームズの銅像もある

https://instagram.com/p/6kVkKdg1hI/

 

 

↓駅構内はこんな感じ この日はストで入れなかったので後日撮影

https://instagram.com/p/6kVwj7A1hd/

 

 

しかし、博物館前に大行列ができていて今回は入るのを諦めました(博物館自体が小さいので大勢入れない模様)。その代わり、隣接したショップのみは自由に入れたのでこちらでお土産を購入。

 

 

↓博物館の隣のショップ入り口

https://instagram.com/p/6DqzN0g1uN/

 


↓トートバック購入

https://instagram.com/p/6kRTu2g1pE/



↓シャーロックホームズ博物館のサイト

THE SHERLOCK HOLMES MUSEUM - THE OFFICIAL HOME OF SHERLOCK HOLMES

 


軽く食事をしてから次の目的地に向かう事に。相変わらず地下鉄は動いていないので、バスと徒歩を駆使して到着したのがホルボーン駅の近くにあるこちら。

 

https://instagram.com/p/6mw-nOA1qf/



大変立派な建物ですが、ここが何かと言いますと…フリーメイソンの英国グランドロッジ!この中には一般公開されているフリーメイソン博物館、図書館があります(入館無料)。この博物館だけでも相当に楽しめるけど、今回は平日に数回行われている館内を巡るツアーに参加して来ました。

 

ここでフリーメイソンについてちょっと解説。フリーメイソンの正確な起源は不明で、一説には14世紀頃とも言われてます。テンプル騎士団や薔薇十字団などがルーツという説もありますが確固たる証拠はなし。歴史的に明確なのが1717年にイギリスにあった4つのロッジをまとめた世界最古の「グランドロッジ」(英国グランドロッジ)が結成され、それをきっかけにヨーロッパ各地で各グランドロッジが設立されました。この1717年以降は「近代フリーメイソン」と呼ばれ、それ以前の「古代フリーメイソン」と区別されています。今回訪れた建物の前面にも「1717」の文字が刻まれています(上記写真参照)。

 

↓簡潔で分かりやすいフリーメイソンの解説

フリーメイソンの正体とは? - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、イギリス生活情報誌 - 英国ニュースダイジェスト

 


フリーメイソンといえば、数多くの小説や映画に登場する「謎の秘密結社」というイメージが強いので、建物に入る時点で緊張。ちなみに嫁さんは小学生の時に雑誌『ムー』に「(フリーメイソン等の)秘密結社に入会したい」という旨の手紙を書いた事があるそうですw。私自身は、数年前に作った同人誌のオマケの缶バッチをこんなデザインにしたくらい好きだったりします。

f:id:doy:20150820221907j:plain



入ってすぐにカウンターがありツアーに参加したい旨を伝えると「じゃあ2時にここに集合ね」とあっさり了承。ツアーが始まるまで博物館を散策。

↓パスをもらって気分も上がる

https://instagram.com/p/6mx3gpA1rx/

 


ツアーが始まるまで博物館を散策するが、とんでもないお宝だらけで興奮。ちなみに今回のロンドン旅行の目的は「博物館巡り」だったのですが、ここフリーメイソン博物館から比較的近所にある大英博物館には行きませんでしたw。だって大英博物館よりこっちの方が面白いから!

 

↓博物館はこんな感じ

https://instagram.com/p/6mxWXZg1rG/

 

 

↓儀式用の正装がイカす

https://instagram.com/p/6mxfNQg1rR/

 

 

↓色鮮やかな年代物のグラス

https://instagram.com/p/6mxnRuA1rb/

 

 

↓これは飲みたい フリーメイソンワインとビール

https://instagram.com/p/6mxv4Mg1rm/



そうこうしているうちにツアーが開始。老紳士が館内を案内してくれるのですが、彼の解説がとても「名調子」で聞いててとても楽しめました(英語は分からないけどね)。建物のアチコチに刻まれた様々な紋章やマークの意味について細かく解説してくれました。

 

↓説明が上手い老紳士

https://instagram.com/p/6myEMbg1sP/

 

 

↓グランド・テンプル(儀式等行う大広間)への扉

https://instagram.com/p/6myKKAA1sc/

 

 

↓グランド・テンプル内部 グランド・マスターが座る椅子の補修作業中

https://instagram.com/p/6myQDnA1ss/

 


最後は入会の儀式等も行われるというグランド・テンプルで質問タイム。多くの質問が出たけど、どれも笑顔で明解に答える老紳士。ここで以前からの素朴な疑問を嫁さんを通じて質問してみました。

 

映画や小説でフリーメイソンは怪しげで恐ろしい団体というイメージで語られる事が多いですが、それらにクレームを入れたりする事はないのでしょうか?」


老紳士の解答をまとめるとこんな感じ。

 

「そのような映画や小説に対してクレームを出したり訴訟を起こすというのはキリがないので考えていません。それよりも我々がずっと行っているチャリティ活動等の慈善事業を続ける事で、啓蒙していければと考えています。」

 

秘密主義で恐ろしいイメージだったフリーメイソンは、実際はとても開放的でフレンドリーな団体でした。


楽しかったツアーが終了して、最後のお楽しみがギフトショップでお買い物!このショップ、フリーメイソン関連グッズが超充実していて興奮。

 

 

↓ハンコみたいなのは娘さんが購入した封蝋 どんな手紙を書くつもりだw

https://instagram.com/p/6myjXDA1tG/

 

↓英国グランドロッジのサイト

United Grand Lodge of England - Library & Museum

 

フリーメイソン博物館のサイト

Home - The Library and Museum of Freemasonry

 

↓必見のオンラインショップ

Letchworths Shop: Masonic Accessories | Masonic Gifts - Letchworth's Shop

 

↓英国グランドロッジ内部の映像(フリーメイソンオフィシャル)

 

 

#6に続く