読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾に行ってきました(その1)

DIARY


夏休みに家族で台湾に行ってきました。初台湾です。


<準備>
・娘さん用に「旅の指さし会話帳 mini台北」購入。

旅の指さし会話帳 mini台北 [台湾華語] (旅の指さし会話帳mini)

旅の指さし会話帳 mini台北 [台湾華語] (旅の指さし会話帳mini)

Kindleで「台湾屋台系B級グルメ図鑑100選」購入。
台湾屋台系B級グルメ図鑑100選

台湾屋台系B級グルメ図鑑100選

iPhoneアプリの「初めての台湾/台北」購入。MRTや台湾鐵道の路線図とかがパッと見れて重宝しました。
コンデジも持って行かず、カメラはiPhoneオンリー。
・ガイドブックを読むとトイレ事情があまりよろしくなさそうだったので、とりあえず「流せるおしりふき」(流さないけど)を用意。


<1日目前半 入国〜チェックイン〜小籠包>
今回はLCCAir Asiaを利用することに。成田発が朝7時だったので、前日に近くのホテルに泊まりました。成田から台湾の桃園空港までは3.5時間。LCCなので機内の飲み物や食事のサービスはなく有料でしたが、搭乗時間が短いので特に問題はなかったです。




↓ワッフルとコーヒーで300円


↓機内で嫁さんが購入したAir Asiaバッグ


空港からツアーバスで免税店に寄り道して昼過ぎ西門町のホテルJust Sleepに到着。1Fにはセブンイレブンもあって駅からも近くて便利でした。通常なら15時チェックインだけど、たまたま清掃済みだったのでチェックインできました。ラッキー。


JustSleep 捷絲旅 - 台北西門館首頁


アーバスの中で小籠包で有名な鼎泰豊(本店)のクーポン券(行列に並ばずに座れる)を貰っていたので、早速タクシー捕まえて直行。台湾のタクシーは数が多くてすぐに捕まるし、日本と比べたらずっと安いのでこの後も何度も利用しました。小籠包はもちろん美味でしたが、シンプルな卵チャーハンもふんわりして超美味しかったです。


↓「今、何個目?」とお互い確認しながら食べましたw


↓店頭の巨大マスコット


↓グッズも販売してるよ


鼎泰豊(本店)ディンタイフォン | 台湾グルメ・レストラン−台北ナビ


腹ごしらえが済んだので、コンビニで日本のSUICAPASMOにあたる悠遊カード(イージーカード)を購入。残高が減ったらチャージもできるし、コンビニ等で支払いもできるので旅行者は必須。


↓こちらが悠遊カード(画像はネットから拝借)


そして事前に調べていたWIFLYという台湾ではメジャーなWiFiサービスが使用できるプリペイドカード(1日用=100元、約323円)を購入しようとするも、これが想像以上にめんどくさかった。店員に「WIFLYカード、プリーズ」と言えば買えると思っていたら、コンビニに設置された端末(ロッピーみたいなの)で操作が必要と言われる。これが中国語表記のみで何選んでいいかさっぱり分からない。見るに見かねた店員さんが代わりにやってくれたものの、カードではなくレシートにアカウント名とパスワードが書かれているだけでおざなり感満載。


↓ちなみに「序號」はアカウントで、「密碼」はパスワード


さらにそこからショートメールを受け取り、改めて設定したりとちょっとめんどくさい。最終的には設定できたものの何かイヤになっちゃって翌日以降はWiFiは諦めました。ホテルにはWiFiがあったのでこれのみで割り切る事に。後で分かったことだけど、WIFLYカードはスタバだともっと簡単に買えるそうです。んがぐぐ。


WIFLY – 無線上網的最佳選擇 !


改めてこの近辺(永康街)を散策することに。この界隈は雑貨屋も集中していて娘さん大喜び。iPhoneケースや扇子なんかを購入。小学校の隣にある一見ただの文具屋が、実際には日本のマンガやオモチャが所狭しと並んでいたりして面白かったです。


↓こちらが文具+マンガ+オモチャ屋の永業書店


↓台湾でも『ワタモテ』は人気っぽい。


その2)へ続く