読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島に行って来ました(その4)

DIARY


3日目前半はモンキーフォレストに行きました。猿いっぱい!



朝食を食べてから、モンキーフォレスト通りを昨日とは逆に南方面に進むと10分程度で通りの名前にもなっている「モンキーフォレスト」に到着しました。ここは野生の猿を放し飼いにしている自然保護区で、入場料は大人20,000ルピア(約160円)、子供は半額でした。


入場して早々に娘さんが猿に帽子を取られるハプニング!その後係の人が猿に石を投げて追い払い、何とか取り戻すことができました。


↓猿1


↓猿2


↓猿3


↓猿4(どこを毛繕いしてるんだ!)


↓びびりながら猿と記念撮影


↓猿の墓地?


敷地内には「死者の寺」と言われるプラ・ダラム・アグン・パダントゥガル寺院があります。入口の所でサロン(腰布)を貸してくれるので、これを巻いてから入場。入場料が明確にあるわけではありませんが、「Donation」と書かれていたので、小額を寄付しました。


↓サロンを巻いてみた


この寺院はシヴァ神(破壊の神)を祀っていて、「子供を食べるランダ(魔女)」等とても不気味な石像がたくさんあります。


↓この写真のみこちらから拝借


↓舌が長いのはランダの特長

ランダはバリ・ヒンドゥーの悪の側面を象徴しており、反対に善を象徴する神獣バロンと対を成す。たとえ倒されても必ず生まれ変わり、バロンと終わりの無い戦いを続けるとされている。また、シヴァの妻であり、シヴァの破壊的な面を表すドゥルガーの化身でもある。舌を出し、浮き上がったあばら骨に萎びて垂れた乳房を持つ老婆である。ランダの像には、子に乳を与える姿と子を食いちぎる姿が見られる。

ランダ (魔女) - Wikipedia


美しく荘厳な雰囲気がある森の中で、かわいい猿に囲まれながら、悪霊であってもその存在を認め敬うバリ・ヒンドゥーの奥深さに触れることができて楽しかったです。


モンキー・フォレスト|バリ島ナビ


(その5)へ続く