読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011年映画ベスト10


今年のベスト10を発表します。見逃した作品も多く、あまり参考にならないとは思いますが、お気軽にどーぞ。


1.塔の上のラプンツェル
文句無しに今年1番面白かった!まさかディズニーがピクサーよりも面白いアニメ作るとは思いませんでした。震災の直後で(直接的な被害はなかったものの)どうしても沈んだ気持ちになりがちでしたが、この映画でかなり癒されました。普段は「癒し」とか恥ずかしくて言わないんですけどね。

感想


2.宇宙人ポール
まだ日本公開が決まってない時に勢いでUS版Blu-rayを購入したのですが、字幕がなくてもとても楽しめました。その後したコメで字幕付きを観て、町山さんの解説を聞いてさらに好きになりました。こういう異文化をネタにしたギャグは大好き。

感想1

感想2


3.冷たい熱帯魚
オープニングからテンション上がりっ放しでした。残酷描写とかスゴいのに色々笑えるというのが良かった。でんでんや女優陣が注目されがちだけど、吹越さんのダメ親父演技(タバコ吸ってるのを見て見ぬフリとか)も良かったです。

感想

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]


4.アリス・クリードの失踪
セリフなしで黙々と誘拐の準備するオープニングシーンから興奮しました。まったく無駄がなくて、すごく驚かされて、ラストシーンでようやくタイトルの意味が分かるという見事な作品でした。

感想

アリス・クリードの失踪 [DVD]

アリス・クリードの失踪 [DVD]


5.The Last Circus
ラテンビート映画祭で観ました。この映画で電気とか作れるんじゃないの?というくらい、とにかく壮絶なエネルギーを感じさせる作品でした。日本公開が決まっていないというのが信じられません。

感想


http://www.amazon.com/dp/B005D0RDOI/


6.スーパー!
ユルいコメディと思って軽い気持ちで観ていたら後半の展開に驚愕しました。暴力というものを真摯に描いた傑作と思います。ラストはすごく好きです。

感想

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]


7.メアリー&マックス
アダム・エリオット監督の過去の短編が好きだったので観ましたが、期待以上の出来でした。非常に重たいテーマを扱いながら、クレイアニメという手法とユーモアで楽しく観る事ができました。ラストは『スーパー!』とちょっと似てます。

感想

メアリー&マックス [Blu-ray]

メアリー&マックス [Blu-ray]


8.ラブ・アゲイン
観賞後の気持ち良さは『塔の上のラプンツェル』と同クラス、と思っていたら脚本が同じダン・フォーゲルマンでした。やみくもに他人に勧めたくなる映画でした。

感想


http://www.amazon.com/dp/B003Y5H57E/


9.ドリーム・ホーム
香港スプラッターのエグさを久しぶりに堪能しました。この映画を観てから「梱包バンド」が怖くて仕方ありません。

感想


http://www.amazon.com/dp/B0051PLR24/


10.ミッション:8ミニッツ
ダンカン・ジョーンズ監督の前作『月に囚われた男』が大好きで、本作も期待以上の作品でした。でもどっちかと言うと『月に〜』の方が好きです。

感想


http://www.amazon.com/gp/product/B004XQO90E/


『ピラニア3D』と『ムカデ人間』は去年観てたのであえて外しました。他には『猿の惑星:創世記』、『ブラック・スワン』、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』なんかが良かったです。


あと映画じゃないけど、『ウォーキング・デッド』のシーズン2(の前半)は、テレビドラマでここまでやっちゃうんだ!?と驚愕させられました。残酷描写とかそういう意味じゃなくて、途方も無い絶望を見せてくれました。後半が楽しみです。


ということで、来年も比較的のんびりと映画を楽しみたいと思います。