読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

因果応報恋愛篇 / 『ラブ・アゲイン』

MOVIE

仕事も家庭も順調で文句なしの生活を過ごしてきた40代のキャル(スティーヴ・カレル)は、愛妻エミリー(ジュリアン・ムーア)が浮気をし、離婚したいと打ち明けられたことで人生が一変。さえない日々を一人で過ごしていた彼はある夜、バーで遊び人のジェイコブ(ライアン・ゴズリング)と知り合う。妻を忘れられないキャルに新たな人生を歩ませようと、ジェイコブは女性を紹介したり、ファッションの磨き方などさまざま助言を与えるが……。


オフィシャルサイト


一部で話題になっていた『ラブ・アゲイン』を新宿で観ました。期間限定でシネマート新宿の大きい劇場(スクリーン1)で上映されていたので、滑り込みで観て来たのですが、噂に違わず面白かったです!


上は40代のダサいオッサン、下は13歳の少年まで様々な人物の恋愛模様が描かれるのですが、みんなそれぞれ矛盾を抱えてるんですよね。分かりやすいのが女子高生のジェシカで、彼女はかなり年上の男性が好きなのに、彼から子供扱いされるのがイヤでしょうがない。だけど自分を好きだという年下の少年のことは平気で子供扱いしちゃう。恋愛に限らず、恐らくは誰しもこういう矛盾を無意識に抱えてるんじゃないですかね?他人に文句は言うけど、他人から文句言われるのは大嫌い、とかさ。


彼、彼女らが出来心で取った行動は、巡り巡った結果まるで鏡のように自分へのカウンターとなって返ってきます。しかしカウンターの相手を否定することは自分をも否定することになってしまうので、なす術がありません。このカウンターのタイミングや構成がとにかく絶妙で、感心しました。こうして彼、彼女は意識していなかった自分自身と否応無しに向かい合うこととなります。その結果どうなるかは見てのお楽しみ。


好きなシーンは、女たらしでモテ道の師匠であるジェイコブが恋に落ちるところ。恋愛とモテは違うんだぜ、という胸が熱くなる展開でした。『ベスト・キッド』とか『ダーティー・ダンシング』とかの80年代青春映画ネタもいちいちツボをついて最高でした。


ハンナを演じたエマ・ストーンもかわいかったなー。『ゾンビランド』のチョイ悪お姉ちゃんが来年は『アメイジングスパイダーマン』でヒロインですよ!『小悪魔はなぜモテる?!』というヘンテコな邦題でDVDスルーになった『Easy A』も観なくちゃ。



東京での上映はシネマート新宿が23日までですが、好評につきシネマート六本木で24日から翌月6日まで上映するそうです。観終わった後は幸せな気分になれるので、年末の映画納め、年始の映画始めに最適だと思います。超オススメ。


小悪魔はなぜモテる?! [DVD]

小悪魔はなぜモテる?! [DVD]