読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁義なきスパイ合戦二代目襲名 - 『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』

MOVIE

母親(ジェシカ・アルバ)が元スパイと知った双子の姉レベッカ(ローワン・ブランチャード)と弟セシル(メイソン・クック)。世界の時間を止めて過去にさかのぼり、世界征服をたくらむ最強の悪党タイムキーパー(ジェレミー・ピヴェン)の暴挙を阻止するため、敵の手にある秘石クロノスサファイアを取り戻そうと、双子姉弟がスパイキッズとして立ち上がる。


オフィシャルサイト


娘と川崎で『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』を観ました。彼女は1作目の『スパイキッズ』が大好きで、一時期は日に何度もリピート再生するくらい観てました。どうも、子供が大人顔負けの活躍をするというのが新鮮でたまらないようです。


今回は4作目でシリーズの正当な続編、かつリブートでもあるので期待しつつ入場。まず3Dメガネと「AROMA-SCOPE」と描かれた匂いが出るカードを受け取ります。



上映中にこのマーク↓が出たらその番号部分を指でこすって匂いを嗅ぐというシステムです。



たまたまなのか私はほとんど匂いが分かりませんでした。しかしイベントと割り切ってやる分にはそれなりに楽しかったです。もっとゲロとか変な匂いがあったら良かったのにな。


冒頭、いきなり臨月のジェシカ・アルバが登場し敵と戦うというシーンから始まるのですが、これが超面白くて大爆笑。「破水しちゃった!」「お漏らしじゃないのよ!」と言いながら戦うジェシカ・アルバですよ!ありえない!


こちらは出産後の子連れスパイ姿


そんなジェシカ・アルバの双子の子供が今回二代目スパイキッズとなるのですが、彼女は継母でこの双子との関係が今イチ良くないというシリアスな状況なのでした。ジェシカ・アルバがお母さんで何が不満か!と子供達を小一時間問いつめたくなりましたよ。


こちらが二代目


今回の敵はタイムキーパーという男で「時を加速させる」能力を持っています。それにより昼が来たと思ったらすぐに夜になって世界中が混乱するのですが、これが『ジョジョの奇妙な冒険』の第6部のラストと同じ展開だったので、「おぉ!プッチ神父メイド・イン・ヘブンじゃん!」と1人で喜んでました(バカ)。


初代スパイキッズの2人も登場するし(弟、超大きくなってた!)、マチェーテでおなじみダニー・トレホも一瞬だけですが登場するのでシリーズのファンとしてはうれしかったです。


初代スパイキッズジェシカたん


ロバート・ロドリゲスは『スパイキッズ』シリーズ等のファミリー向け映画と、『プラネット・テラー』や『マチェーテ』等の残酷描写バリバリのハードコア映画を並行して作る希有な監督ですが、私自身もそういう両極端なものが好きな人間なので、今後も我が道を貫き通していただきたいです。オススメ。


(その他)
・初代スパイキッズが使ったスパイグッズが「過去のモノ」としてPowerMacG4(初代)と一緒に保管されていて、代わりに最新グッズの所にはMac Proが置かれてました。
・今回面白かったキャラが家族で飼っている犬アルゴノート。ただの犬と思ってたら実はロボット犬でスパイキッズを手助けします。こいつが出てくるシーンはもれなく笑えました。


スパイキッズ [Blu-ray]

スパイキッズ [Blu-ray]

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン (11)

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン (11)