読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道に行って来ました

夏休みに家族で北海道のルスツリゾートに行って来ました。


<初日>
朝4時起きで羽田空港へ。ポケモンジェットに乗っていざ北海道へ。


機内はフツーだけどな。


新千歳空港からバスで90分ほどでルスツリゾート到着。冬はスキー場として運営されていて、夏は遊園地やプール等で楽しめます。宿泊はタワーホテル。全室メゾネットタイプの2階建てで、自宅より広かった!21階からの眺めは最高でした。


リフトで展望台に登って素晴らしい風景を堪能。お約束な「幸せの鐘」を鳴らす。



午後は娘さんの希望で屋外ジャンボプールへ。全長300メートルの流れるプールをユラユラ。泳げないどころか水に顔をつけることすらままならなかった娘さんですが、「お金をプールの底に置いて拾う」という練習をしたらあれよあれよと上達し、最終日には数メートルですが泳げるようになりました。「幸せの鐘」ではなく「幸せの金」!




バスタオルは『ゼブラーマン哀川翔仕様だよ。


その後ロシアのサーカスが来ていたので途中から鑑賞。娘さん、マジックを観て目が点になってました。夕食は北海道バイキング。カニとかウニとかもう見たくない!というほど堪能しました。


夜は遊園地に行きましたがヘタレなのでコースターの類いは乗れず。コーヒーカップとかメリーゴーランドばかり乗ってました。なっちゃいねぇな!


9時前には花火も楽しめました。


大浴場入ってぐっすり就寝。


<二日目>
朝6時に起きて熱気球体験へ。5分間の短い遊覧で高さは30メートルほどなんだけど、高い所苦手な私は膝ガクガク。娘さんはバカなんで大喜びしてました。



それから「プチフィッシング」という小学生向けの川釣りアクティビティを予約していたので、ガイドさんに連れられて近くの小川に。いけすでやるのかと思ったら小さいながらも天然の川でした。エサは「デビットくん」という名前のミミズを使用。ミミズが苦手な娘さん早速パニック。仕方がないので当初は私が餌をつけた上で始めたら次から次へアタリが来て1時間ちょっとの時間で何と14匹も釣れました!後で聞いたらこの後にはまったく釣れなかったそうなので、タイミングが良かったようです。


こんな感じの川


釣れた魚はその場でリリース。


ほとんどが10cmちょっとの小魚でしたが、1度だけ30cmほどの大物がかかりました。しかし釣り糸をたぐった私のミスで逃げられてしまいました(延々と「お父さんが逃がした」と言われ続けました...)。


お昼はラム肉食べ放題のジンギスカンバーベキューでお腹いっぱいに。さらに屋外ジャンボプールでダラダラ。夕食を食べた後で今度は屋内にある「波の出るプール」でさらに遊びクタクタになって就寝。


ホテル内にあるでかいメリーゴランド。西ドイツ製と書いてました。


<最終日>
昨日の釣りがあまりにも楽しかったので、再び同じアクティビティを予約。昨日と同じガイドさんだったので、昨日の小川ではなく大人用の大きな川でチャレンジするも、やや難易度が高かったようで今回は1匹のみでした。しかしミミズにも徐々に慣れて来て最後には自分で釣り針にかけることができました。


満面の笑みでミミズに針を刺す娘さん


しょうこりもなく3度目の屋外プールに行ってプール締めしてから昼食を済ませ、バスで空港へと戻りました。


新千歳空港は最近リニューアルして、何と施設内にシネコンや温泉施設ができていてびっくり。さらにドラえもんのテーマパーク「ドラえもんわくわくスカイパーク」という施設までできていて、大勢の子供でにぎわってました。


新千歳空港-北海道ショールーム


特殊な絵の具を使う塗り絵に挑戦中


世界各国で販売されてる海外版ドラえもんもたくさんあって自由に閲覧できました。1日中楽しめそうでしたが、そうもいかないので飛行機で羽田に戻って終了。


機内から夕焼けを撮影。雲の絨毯!


天気にも恵まれ美味しいモノもたくさん食べて楽しい夏休みでした。


(その他)
・飛行機で離陸中、最近観た『LOST』でどんな風に飛行機が落ちるかをデカイ声でしゃべりまくる嫁さんはどうかと思う。
・せっかくリゾート地に来てるのに、我々がプールで泳いでる間にコンビニでマンガの立ち読みをしている嫁さんはさらにどうかと思う。