読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みまもりケータイ買いました(その2)

みまもりケータイ買いました(その1)


ということでSoftBankショップにみまもりケータイを買いに行ったのですが、在庫がなく近日入荷予定ということなので、予約をして翌週に再訪問。ここで初めて現物を見たのですが、ショップの人も触るのは初めてだという。


私は事前にWebからマニュアルのPDFとかを見ていたので、ある程度の機能は把握していたものの、ショップの人はまったく分からず電源投入すらもできずに数分間ジタバタ。途中から見るに見かねて「ここですよ」と教えたりして思いっきり不安になりました。ケータイ全機種全機能を覚えろとは言わないけど、この日にオレがこの機種買いに来るって分かってるんだから、予習くらいして欲しかった。


そんなこんなでいざ契約、というタイミングでみまもりケータイには「あんしん保証パックライト」(¥315/月)というのがあると言われる。水漏れや全損しても修理代金が¥5,250になるそうだ。「子供はすぐにケータイ壊しちゃうんですよ。先日も購入した翌週に親御さんが泣きながらやって来まして...」てな感じで強く勧められたが、とりあえず見送った。ちなみにこのサービスは契約時にしか入れないそうです。


当初の予定通り、位置ナビのオプションのみ追加して無事ゲットし帰宅。初回限定のオリジナルカラージャケットも装着し、諸々の設定を済ませて実際に娘に持たせて外出させた。


付属のカラージャケットをつけた状態


ここでこのケータイの最大の欠点が発覚する。たった1つしかないボタンが過敏すぎて、ちょっと触っただけですぐに押されてしまうのだ。


最初は娘が面白がって触ったのかと思っていたが、そうではなかった。ズボンのポケットに入れてダメだったので、カバンに入れたりと色々試したけど、本当にちょっとの衝撃で押されてしまう。そんな感じで日に4〜5回私のiPhoneに電話がかかり、ショートメールが送られきたのでした。鬱陶しくて仕方がない。


あれこれ試して、今はボタン部分にクッッションになるものを貼って、カラージャケットをかぶせたことで、ようやく落ち着いた(それでも時々意図しない電話がかかってくる)。


見苦しい...


他の購入者をネットで検索しても、皆ほとんど同じようなことを書いている。そして私のように創意工夫してどうにか使ってる人が多いようだった。


納得がいかないのは、こんなのって1度でも実際に使ってみたらすぐに分かる問題なんだよね。テストみたいな事まったくしてないんじゃないの?と勘ぐってしまう。数秒間長押ししないと押されないとか、ロック機能をつけるとかして欲しかった。


さらに「位置ナビ」サービスが何度やっても成功しない。屋内とか場所によっては検索できないとは思っていたけど1回も成功しないまま2週間が過ぎた。改めてマニュアル読むと、みまもりケータイで位置ナビを使うには、別途「指定先操作ロック」というサービスに加入する必要があるという記載発見。


このサービス自体は無料なんだけど、ちゃんとSoftBankショップに行って購入してるのだから、その事をちゃんと教えて欲しかった(というか知らなかったんだろうけど)。腹を立てつつ再度ショップに行ってようやく「指定先操作ロック」に加入完了。


で、改めて「位置ナビ」を使ったんだけど、精度がかなり悪い。実際にいる場所から200mは離れている。場所や条件によっては精度が上がることはあると思うけど、紛失した時にこれで見つけられるかはかなり怪しい結果となった。


(その1)で書いたように、シンプルな機能とデザインは気に入ってた分、ツメの甘さが目立ってしまい、諸々残念なことが多かったです。そもそもこのケータイが必要になる日なんて来なきゃいいんだけどね。