読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラは世界を救う - 『グリーン・ホーネット』

新聞社の若き社長ブリット・リイド(セス・ローゲン)は、夜になれば全身グリーンのスーツとマスクで身を包み、グリーン・ホーネットとして街中の犯罪者と戦うヒーローだった。ハイテク装置満載の愛車を駆って相棒のカトー(ジェイ・チョウ)と共にギャングの支配者、ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)を追い詰めるのだが……。

オフィシャルサイト


グリーン・ホーネット』をIMAXで観ました。オリジナル版は未見どころかどんな話かすら知らない。


ミシェル・ゴンドリーがこういういかにもハリウッド的なアクション映画を監督するというのがまず意外でしたが、彼の十八番といえる映像ギミック(1つの画面が2画面に別れた後に別々に動くとか)が映画のテイストにマッチしていて違和感無く表現されおり、安心して楽しく観ることができました。


この映画、一応「ヒーロー物」と言えなくもないのに、主人公ブリットのボンクラ加減がハンパない。で、最近のボンクラヒーローということで『キック・アス』を連想しましたが、あっちは高校生だけどこっちはいい大人な分、ボンクラ指数はより高いw。


その『キック・アス』と共通していたのが「緑のスーツ」(グリーン・ホーネットのスーツは深緑でいいんだよね?)と、「かっちょいい車に乗って、ブラックミュージックでノリノリになってる」シーン。面白かったので並べてみます。


『Kic- Ass』 Gnarls Barkley『Crazy』


『Green Hornet』 Coolio『Gangsters Paradise』


どっちもボンクラすぎるw!


オチに関してもボンクラが超人(ヒットガール、カトー)を助ける(助けようとする)からこの2作は色々と似てますね。


秘書役のキャメロン・ディアスが彼らの正体に気づくのがもっと早かったら色々絡めたのにその辺はちょっと残念でした。悪役が今イチ地味なのも惜しい。


本編ではあまり3Dの恩恵を感じる事はありませんでしたが、エンドクレジットのアニメ部分は楽しめました。実際『アバター』や『トロン・レガシー』みたいな異世界を舞台にでもしない限り、3Dの意味ってあんまないような気がします。


今回たまたまスパイク・ジョーンズの新作の感想と並びましたが、この2人が現役で面白いモノを次々に作ってくれていることがうれしいですね。オススメ。


↓オマケ。バカと天才コンビかと思ったら、バカが2人だと分かった瞬間。