読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPIKE JONZE presents THERE ARE MANY OF US-I'M HERE


昨年からWeb上で公開されているスパイク・ジョーンズの新作短編映画『I'M HERE』(約30分)。今回『I'M HERE』本編+特典映像が収められたDVDと、サウンドトラックCD+美麗ハードカバー本がセットになった『THERE ARE MANY OF US』の日本語版発売を記念して、渋谷のDIESEL ART GALLERYで行われている同名の展示会を観て来ました。


会場の様子はこちら参照。


展示会会場ではこの『I'M HERE』本編とメイキングをプロジェクター上映していたので、軽い気持ちで観たのですが、これが傑作で思わず泣いてしまいました。


『I'M HERE』は、ビッグプロジェクトのため制約が多く制作に5年以上かかってしまった『かいじゅうたちのいるところ』の反動で、「気負わずにモノを創る」という原点に戻るために一種のリハビリとしてAbsolute社の出資で作られたモノのようです。


スパイク・ジョーンズ作品というと、一筋縄でいかないというか、少しひねくれた作風の印象がありますが、本作は非常にベタでシンプルなロボット同士のラブ・ストーリーになっています。


旧型のMacを思わせる頭を持った気弱なロボットSheldonと、キュートで魅力的なロボットFrancescaの恋愛は『WALL・E』のウォーリーとイヴを彷彿とさせます。私自身は大昔の自分の恋愛体験なんかも思い出して甘酸っぱい気持ちになったりもしました。


本作で重要なモチーフになっているのが音楽で、中でも日本人女性Aska Matsumiyaが歌うこのDVDセットのタイトルにもなった「THERE ARE MANY OF US』は絶品で、聴いた瞬間に誰もが好きにならずにいられなくなる名曲です。


Aska Matsumiya - There Are Many Of Us (OFFICIAL)


この映画のオチに納得いかない人もいるとは思いますが、私は「SheldonとFrancesca」というカップルにとってはこれで良かったのだと思います。


DVDセットの日本版は3/16発売ですが、展示会会場ではフライング発売されていたので迷わず購入しました。もうこの表紙見ただけでも泣けてしまう...。問答無用でオズズメ。



『I'M HERE』予告編


(参考)
※映画本編(字幕なし)はこちらで閲覧可能
I'M HERE – A LOVE STORY IN AN ABSOLUT WORLD
展示会情報はこちら
DIESEL ART EXHIBITION


[asin:B004LTKCS6:detail]

かいじゅうたちのいるところ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

かいじゅうたちのいるところ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

※このメイキングブックも素晴らしいのでオススメ
かいじゅうたちのいるところ メイキングブック

かいじゅうたちのいるところ メイキングブック