読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろい! - 『十三人の刺客』

幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。


オフィシャルサイト


今さらながらの感想。いやー面白かった!近年の三池作品はまったく興味なかったり、いざ観てもつまらなかったりだったので、久しぶりに「三池監督最高!」と思いました。


大勢の方がおっしゃってるように、まずは稲垣吾郎演じる松平斉韶の極悪非道ぶりがすごい!演技で見せてるというより、素で演じてるようにしか見えないのがすごい。MTV Movie Awardsみたいに「ベスト悪役賞」とかあったら、間違いなく彼が受賞するよ!


例の「みなごろし」シーンや、転がる○○○などの三池監督ならではの悪趣味演出も全開でこちらもすごかった。ところどころ笑えない悪のりギャグ(伊勢谷のあんなことやこんなこと)もあるにはあったけど、それでも個人的には問題なし。


役所広司の安定した存在感のおかげで、脱線したり中だるみしそうな場面でも緊張感を持続できたのも良かった。役所さんには今後も三池作品に出ていただきたい。オススメ。


(その他)
・侍は切腹が好きすぎる。サッカーの人達も侍名乗るんなら負けたら切腹とかすればいいのに。
・屋内がほとんど自然光に近い状態で撮られてるのが良かった。
・吾郎ちゃんトコには今色んなオファーが来てるんじゃなかろうか?『アウトレイジ2』とか。
・侍という職をなくした役所広司たちが、手に職をつけようと奮起する『十三人の資格』というスピンオフ作品は既出ですか?
山田孝之はいい役者と思うんだが、江戸時代の人にしては眉毛が整い過ぎてて気になった。