読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AVアンプを購入しました

プロジェクター、4Kテレビと続いて勢いでAVアンプ購入しました。これまで使ってたアンプが8年くらい経ってたのと、3D対応してないのでBlu-ray3D再生するたびに機器の背面からケーブル抜き差ししなくちゃいけないのがさすがに辛くなって購入しました。テレビ…

4Kテレビを購入しました(設置編)

という事で設置編です。改めて今回購入した機種はパナソニックのTH-49DX750。 画面サイズはこれまでの42インチから49インチになったものの、本体横幅の差は8cm程度なので、難なく設置できました。ケーブル接続して初めて電源オンしたら表示されるのがこちら…

4Kテレビを購入しました(準備編)

少し前にプロジェクターを購入して喜んでいたら、突然テレビにこんな黒帯が出てしまいました。 明らかにパネル故障。修理も考えたけど、購入したのが10年前なのでさすがに買い換える事に(プロジェクター買ったばかりなのに…)。今買うなら4Kテレビなのかな…

プロジェクターを購入しました

以前から漠然と欲しかったプロジェクターを購入しました。 きっかけは高橋ヨシキさんのメルマガで「EPSONのプロジェクターを購入したらなかなか良かった」という事が書いてあり、それで興味を持ちました。該当のプロジェクター、EH-TW5350をEPSONサイトで見…

タイ旅行記#8<四日目・ 東京 in タイランド篇>

宿泊ホテルのすぐ近所にタイシルクで 有名な「ジム・トンプソンの家」があったので、行ってみる事に。 ジム・トンプソンの家。タイ旅行における人気観光スポット。 当初はそんなに興味があったわけではないんだけど、実際に行ってみたらこれがとても面白かっ…

タイ旅行記#7<三日目その3・ 極楽ワンダーランド篇>

ワット・パイロンウアはとてつもなく広く、地獄ゾーンはその中のほんの一部にしか過ぎません。むしろ敷地の多くが占めているのは大小無数の大仏で、いわば極楽ゾーンです。 遠くからでも一際目立つのがこちらの超巨大な大仏。正確な資料がないけど高さは50m…

タイ旅行記#6<三日目その2・地獄ワンダーランド篇>

今回もグロテスクな写真が多いので、一応閲覧注意で。 いよいよワット・パイロンウアの地獄コーナーへ到着。入り口の巨大な鬼(獄卒)と亡者(タイでは「プレート」と呼ばれる)の像に、いやがうえにも盛り上がる! 地獄コーナーで一番巨大なプレート2体がお…

タイ旅行記#5<三日目その1・地獄への道篇>

旅行前の天気予報でほとんど雷雨だったのが嘘のように本日も晴れ。今日はこの旅の1番の目的でもある「地獄寺」に行く事に。「地獄寺」とは何か?ここで都築響一さんの「HELL 地獄の歩き方」という写真集を紹介。 ↓本の詳細はこちら HELL 地獄の歩き方 HELL ?…

タイ旅行記#4<二日目その3・シネコンで映画鑑賞篇>

死体博物館を出て、病院内のキレイなフードコートでお昼を済ませて、再び船に乗る。相変わらずチケットの買い方はよく分からず今回は到着後に支払い。有名な観光地「ワットプラケオ」を横目にタクシーを捕まえてサイアム方面に戻ろうとするも、ことごとく乗…

タイ旅行記#3<二日目その2・死体博物館篇>

※今回はグロい画像や話題を含みますので、一応閲覧注意。 船上から次の目的地であるシリラート病院が見えてきた。 船着場「Thonburi Railway(N11)」へ到着。一緒の船に乗っていたタイ人女性(しまおまほさん似)が「シリラート病院へ行くのか?」と話しかけ…

タイ旅行記#2<二日目その1・ワット・ポー篇>

ホテルで朝食を済ませて近所を散歩。なぜかビルの壁にスパイダーマンがいたり、プレデターが飾られていた。不思議。 道路の植え込みが象の形になってるのがタイっぽくてかわいい。 本日は巨大な涅槃仏で有名なワットポーへ 行ってみる事に。ホテルからタクシ…

タイ旅行記#1<初日・コンバース探索篇>

GW にタイへ一人旅してきました。3〜5月のタイは乾季でも雨季でもない熱季(連日37度以上で雨も結構降る)で、しかも「初日以外はずっと雷雨」という天気予報も出ていましたが、とにもかくにも出発。タイ航空の便で羽田から6時間ちょっとでバンコクのスワン…

2015年に読んで面白かった本

ちょっと遅くなったけど2015年に読んで面白かった本をまとめました。 「エッチな現場を覗いてきました!」菅野久美子 軽い気持ちで読み始めたら、第1章の「コアマガジン「スーパー写真塾」の編集部を覗いてみた!」から想像の斜め上を行く展開にひっくり返り…

台湾歌手、謝金燕をチェックせよ!

年末年始に台北に行って来ました。旅行記は改めて書くつもりですが、今回は台北旅行で発見したある歌手のお話。今回の旅行は台北101(2008年まで世界一の高層ビルだった台北のランドマーク)で毎年行われるカウントダウン花火を見る事が目的だったのですが、…

音楽映画ベストテン

毎年恒例のベストテン企画、音楽映画ベストテンに参加します。 d.hatena.ne.jp 順不同です。 ストップ・メイキング・センス(1984) 24アワー・パーティ・ピープル(2002) ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル(1980) さらば青春の光(1979) グラ…

ロンドン旅行記#14<五日目その3・最後の晩餐篇>

再びメリルボーン駅に戻って来てから、家族へのお土産を買う為にハロッズへ。言わずと知れた高級デパートです。場違い感ハンパない。ロンドンに来て気がついたのはムスリムの女性が多い事(男性も多いと思うが、どうしても女性が目立つ)。色んな場所で顔を…

ロンドン旅行記#13<五日目その2・ロアルド・ダール博物館篇>

ブリックレーンからバスで30分ほどでメリルボーン駅に到着。 ここからチルターン・レイルウェイズの電車に乗って45分ほどでグレート・ミッセンデン駅に到着。周りには何もないとても小さな町ですが、ここはロアルド・ダールが1990年に亡くなるまでの35年間住…

ロンドン旅行記#12<五日目その1・シリアルキラーカフェ篇>

ロンドン滞在五日目。明日の便で帰国なので本日が観光最終日。まずはパディントンからバスに乗って30分ちょっとでブリックレーンへ。切り裂きジャックの犯行現場にも近いこちらにあるのが「シリアルキラーカフェ」! 「Serial killer(連続殺人犯)」のカフ…

ロンドン旅行記#11<四日目その2・帝国戦争博物館篇>

地下鉄に乗ってランベス・ノース駅に移動。お昼に通りにあったパブに入って、まだ食べてなかった本場のフィッシュ&チップスいただく。ビールに合うし最高!そんなこんなでたどり着いたのが帝国戦争博物館。実は当初、この博物館は2時間ほど見学して次の目的…

ロンドン旅行記#10<四日目その1・ポートベロー・マーケット篇>

土曜日の朝。天気も良かったので、『ノッティングヒルの恋人』でおなじみのポートベロー・マーケットに行って来ました。こちらは毎週土曜日にアンティーク・マーケットが開催されていて、その規模は世界一とも言われてます。9時過ぎに到着しましたが、とにか…

ロンドン旅行記#9<三日目その3・切り裂きジャック殺人現場ツアー篇>

博物館を二箇所ハシゴした後は、ヴィクリア駅近くのバス発着所「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」に移動。ここから二階建てオープンバスに乗って行く「切り裂きジャック殺人現場ツアー」に参加しました。 世界の旅行者と巡る☆2階建てバスと徒歩で行く!…

ロンドン旅行記#8<三日目その2・自然史博物館&科学博物館篇>

地下鉄に乗ってサウスケンジントン駅までやってきました。ここはロンドン屈指の博物館密集地帯でこれから行く「ロンドン自然史博物館」と「科学博物館(サイエンス・ミュージアム)」以外にも「ヴィクトリア&アルバート美術館」等が並んでいます。まずは「…

ロンドン旅行記#7<三日目その1・ロンドンアイ篇>

ロンドン三日目。今朝は近所のスーパーでサンドイッチと果物を購入し宿で朝食。簡単な料理ができるのがホテルと違って嬉しい。乾燥機付き洗濯機もあるのでセットしてからお出かけ(操作がよく分からなかったがどうにかなった)。 ↓洗濯機はキッチンにあるの…

ロンドン旅行記#6<二日目その4・Ripley's Believe It or Not! 博物館篇>

フリーメイソン博物館が楽し過ぎてヘロヘロになったので、ひとまず近くのパブにて休憩。 ↓1日1回パブビール ビールを飲んで元気を取り戻し、本日最後の目的地へ向かう為にバスでピカデリー・サーカスへ。 ↓人でいっぱい この日は8/6だったのですが、有名なエ…

ロンドン旅行記#5<二日目その3・フリーメイソン博物館ツアー篇>

次に向かったのはマダムタッソー館のすぐ近所にある「シャーロック・ホームズ博物館」。 ↓ベーカーストリート駅出口近くにはホームズの銅像もある ↓駅構内はこんな感じ この日はストで入れなかったので後日撮影 しかし、博物館前に大行列ができていて今回は…

ロンドン旅行記#4<二日目その2・マダム・タッソー館篇>

Speedy's Cafeから徒歩10数分ほどで、有名なマダム・タッソー蝋人形館に到着。Speedy's Cafeは「架空のベイカー街」でしたが、こちらは「本当のベイカー街」にあります。平日朝でも観光客でいっぱいでしたが、事前にオンラインで予約していたのでスムーズに…

ロンドン旅行記#3<二日目その1・Speedy's Cafe篇>

ロンドン二日目でいよいよ観光開始。事前に地下鉄路線図もチェックし移動も完璧!なはずだった。意気揚々とパディントン駅に向かった我々が見たものは…。 まさかの地下鉄ストの張り紙! 気分は『地下鉄のザジ』(泣)。 ロンドンではよく地下鉄のストがある…

ロンドン旅行記#2<初日篇>

今回は羽田発のBritish Airwaysの直行便を利用しました。機内で楽しみなのは映画等のエンターテインメント。・映画『キングスマン』『キック・アス』のマシュー・ボーン監督によるUKを舞台にしたスパイ・アクション。主演のコリン・ファースも良かったけど、…

ロンドン旅行記#1<準備篇>

8/5〜8/11に家族でロンドンへ行って来ました。今回はまず<準備篇>から。・宿の予約今回はホテルではなくAirbnb(エアビーアンドビー)というWebサービスを利用しました。Airbnbは個人の空き部屋を貸し出す世界的な宿泊検索サービスで、今回はパディントン…

ロアルド・ダールの伝記『「チョコレート工場」からの招待状』を読みました

ロアルド・ダールの子供向け伝記『「チョコレート工場」からの招待状』を読みました。元々パイロットでその後作家になった、くらいは知ってましたが、3歳の時に姉と父親が立て続けに亡くなったり、ハリウッド女優と結婚して5人の子供に恵まれたものの、長男…

ロンドンの闇、詰め合わせ映画『フロム・ヘル』

ジョニー・デップ主演の『フロム・ヘル』という映画が好きです。切り裂きジャック事件をモチーフにして結構グロ度は高いものの、役に立つんだか立たないんだかよく分からない予知能力を持つ警部役のジョニー・デップと、娼婦役のヘザー・グラハムの切ないラ…

リアル熊さん映画『パディントン』はまさかの傑作!

赤い帽子に青いダッフルコートがトレードマークの「くまのパディントン」。イギリスの児童文学のキャラクターで全世界で有名ですが、ある時この愛らしいくまさんのまさかの実写映画化が発表されました。「一体どんなルックスだろう?」と思っていたら、デフ…

Canon EOS M2を購入しました

ここ数年、iPhoneのカメラの性能が上がった事と、InstagramやTwitterなんかにすぐにアップできる利便性もあって、旅行の際にもデジカメを触る事なくほとんどスマホで代用してきました。そんな時に友人らとズーラシアに行く機会があって、友人の一人がかなり…

マダム・タッソーの血塗られた伝説

お台場の蝋人形館「マダム・タッソー東京」に行って来ました。正直、そこまで期待してたわけではなかったんだけど、実際行ってみたら娘さんがノリノリで写真撮りまくって相当楽しめました。 ↓こんな写真がたくさん撮れます ↓本物にしか見えない精巧さ 「マダ…

ReAction新シリーズに『ファイト・クラブ』『ジョーズ』発売!

TOY

ここ数年ハマってるフィギュアで「ReAction」というシリーズがある。フィギュアの完成度はどんどん進化していてHOT TOYSのムービー・マスターピース・シリーズなんかは一見して本物と区別がつかないレベルにまで達していてびっくりするがお値段もそれなり。…

『チャッピー』とDie Antwoord

『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督の新作『チャッピー』が今週末に公開されるので楽しみでしょうがない今日この頃。劇中に登場するAIロボット「チャッピー」の育ての親(?)になるギャングを演じてるのが、監督と同じく南アフリカ出身のミュージシャン…

『グランマ・ローファイ シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ』を観ました

『グランマ・ローファイ シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ』というアイスランドで暮らしていたある平凡なおばあちゃん(2011年に亡くなってます)に関するドキュメンタリー映画をDVDで観ました。 アイスランドの人口はたったの32万ほ…

「希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話」を読みました

少し前に図書館で借りて読んでみたら余りにも面白くて、できれば常に手元に置いて事あるごとに読み返したいと思い購入しました。ゲーテは『若きウェルテルの悩み』で有名な作家、そしてカフカは最近新訳も話題になった『変身』で有名な作家です。 新訳でびっ…

佐久バルーンフェスティバルに行ってきました

マンガ『よつばと』に気球を見に行く話があって、「一度気球の大会見てみたいなぁ」と思っていたら、長野県佐久市で毎年GWに「佐久バルーンフェスティバル」という気球の大会が行われている事を知り「コレだ!」と思い立って行ってきました。 ↓『よつばと』…

ライカスタジオ新作『THE BOXTROLLS』を観ました

『コララインとボタンの魔女』、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』といった傑作ストップモーション・アニメを製作しているライカスタジオの新作『THE BOXTROLLS』を輸入盤Blu-ray英語字幕で鑑賞しました。(例によって)日本公開は現時点で未定ですが、…

伊東ハトヤに行って来ました

「伊東に行くならハトヤ♪、ハトヤに決めた♪ 電話は4126(良い風呂)♪」 …というCMでおなじみの伊東のハトヤホテルに行ってきました。前々から気になってたんだよね。 そんなわけで特急スーパービュー踊り子号に乗って伊東駅へ。ここから送迎バスも出てるけど…

『ザ・レイド GOKUDO』を観ました

「さよなら新宿ミラノ!『ザ・レイド』祭!」で『ザ・レイド GOKUDO』を観ました。前作を遥かに超えるハードコアなアクションの連続で、多分10回くらい「ひぃ」と声が漏れてしまいました。最高に面白かったです! というざっくりした絶賛をした上で、言いた…

葉真中顕『絶叫』を読みました

太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね オロオロと 何にもわからず 夢よ希望と同情を乞うて果てろ (略) 何笑ってんだよ 何うなずいてんだよ おめえだよ そこの そこの そこの おめえだよ おめえだよ goo音楽 葉真中顕さんの傑作『ロスト・ケ…

アニメ映画ベストテン

毎年恒例の「男の魂に火をつけろ!」ベストテン企画に今年も参加します。今回は「アニメ映画ベストテン」という事で、比較的新しい作品からセレクトしました。 ※順不同 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年、ヘンリー・セリック監督) コララインと…

超傑作!『フィニアスとファーブ/スターウォーズ大作戦』

TV

デイズニーチャンネルで放送されている子供向きアニメ『フィニアスとファーブ』の特別編『フィニアスとファーブ/スターウォーズ大作戦』を観ました。『スターウォーズ』のパロディは古今東西星の数程存在しますが、本作はルーカスフィルム公認という事で音…

ラテンビート映画祭で『スガラムルディの魔女』『ビースト 獣の日』を観ました

ラテンビート映画祭でアレックス・デ・ラ・イグレシア監督の新作『スガラムルディの魔女』と、95年に公開された『ビースト 獣の日』を観ました。 まずは『ビースト 獣の日』の話から。 1995年12月24日。黙示録の研究に人生を費やしてきた司祭アンヘルは聖書…

楳図かずお『マザー』を観ました

数々のヒット作、名作を放ってきた漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の半生を記した書籍の企画が舞い込んでくる。その担当編集者となって取材を重ねる若草さくら(舞羽美海)は、楳図の創作の原点が亡くなった母親イチエ(真行寺…

Karen O「Crush Songs」発売記念「Featuring Karen O」特集

カレン・Oの1stソロアルバム「Crush Songs」が発売されましたが、なぜだかどこも品薄のようで結局iTunesストアで購入。とてもシンプルな楽曲ばかりで素晴らしい出来。実はこのアルバム、録音されたのは7〜8年前だそうです。 『CRUSH SONGS』は、ソロ名義とし…

新橋文化劇場で『ニュー・シネマ・パラダイス』を観ました

前回、記事を書いた直後に閉館が決まってしまった新橋文化劇場。貴重な歴史的文化遺産をぜひ体験させねばと娘を連れて再訪しました。上映作品は、「閉館の決まった映画館で観る」のに最も相応しい映画といえる『ニュー・シネマ・パラダイス』(と『日曜日が…

新橋文化劇場で『フリークス』『M』を観ました

本物の奇形・異形の人間が大挙登場する“伝説の”古典ホラー。サーカスの花形クレオパトラは遺産目当てから小人のハンスと結婚、彼の毒殺を図るが、その企みは見せ物仲間にばれてしまう……。アメリカでの公開時に、失神者が続出した、あるいは妊婦が流産したと…